日々是ぶつぶつ

思いついたことを適当に

くせ毛の私と平安美女たちの悲哀

私はくせ毛である。
髪を洗った直後はまっすぐストレートだけど、水分が多少なりとも蒸発しただけでうねりが出てくる。
お風呂上がりに水分補給に乗じてスマホゲームなんて始めてしまうと、あれよあれよと髪の毛がうねってしまう。
それはもうメデューサの如く。
これの解決法は、手ぐしなりブラシで髪の毛をまっすぐ引っ張りながらドライヤーをする、コテを使う、またはストレートパーマや縮毛矯正をすること。

そしてここにきて寄る年波には勝てない、白髪の登場である。
白髪というだけで水分が少ないので、やっぱりうねる。
くせ毛に加えて白髪のダブルパンチ。
これが1000年も昔の平安時代鎌倉時代であったなら、帳の裏でクスクスと笑われていたに違いない。
令和に生きていてよかった。

 

平安時代の女性と言ったら何が思い浮かぶかと言ったら、長くてまっすぐな黒髪。
けどどう考えたっておかしいじゃないか。
昔の女性みんなが黒髪ストレートだったはずがない。
遺伝子変異が起こり、ストレートしかなかったのにくせ毛が生まれたなんてありはしない。
だとしたらドライヤーがない時代に髪の毛を乾かすのは容易ではなかったはず。
それとも元祖アイロンの火熨斗(ひのし)を髪の毛にも使っていたというのだろうか。
そんな大切な髪の毛が焦げてしまうようなリスクを取るだろうか。

 

絵巻物の中の平安美女たちに半分キレながら調べてみたら、やっぱりくせ毛の女性はいた。
平安時代からちょっと時代が進んだ、鎌倉時代の絵巻物『男衾三郎絵詞(おぶすまさぶろうえことば)』にくせ毛の女性の絵が出てくる。

f:id:meg_kinjo:20210503154640j:plain

写『男衾三郎絵詞』(国立国会図書館所蔵) (https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/2542590)

男が話しかけているくせ毛の女性が「坂東一の醜女」と名高い妻で、左下のくせ毛の赤子は2人の子どもで、これも醜女と言われている。
当時は醜い女性の代名詞のひとつがくせ毛で、今の感覚で言ったらなんとも失礼な話。
いや、ほんと失礼な話だよ。
しかも美醜によって結婚相手も変わったというから、現代に生きる私にしてみたら何とも生き辛かったのではないかと思う。

f:id:meg_kinjo:20210503164511j:plain

写『男衾三郎絵詞』(国立国会図書館所蔵) (https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/2542590)

 

それで、当時の女性は髪の毛の悩みに対してどうしていたかといったら、カツラをしていたという。
確かに芥川龍之介の『羅生門』で、老婆が死者の髪の毛でカツラを作ると言っていた。

 

「この髪を抜いてな、この髪を抜いてな、鬘(かずら)にしようと思うたのじゃ。」

 

www.aozora.gr.jp

源氏物語』でもカツラのために髪を集めている。

 

年経ぬるしるし、見せ給ふべき物なくて、わが御髪の、落ちたりけるを、とりあつめて、鬘にし給へるが、九尺余ばかりにて、いと、清らなるを

 

 現代のカツラというよりも、エクステの方が近い気もする。どうなんだろう。


ルイス・フロイスが『ヨーロッパ文化と日本文化』で戦国時代の女性の髪の毛について書いている。

 

公方の家の日本婦人たちは四つか五つつぎつぎに繋ぎ合わせた鬘をつけ、三コヴァド(※約198cm)も後の地上に曳きずって歩く

nichibun.repo.nii.ac.jp

 

ともあれ、人毛で作るカツラを買えたのはきっと貴族とかの裕福な人たちばかりでしょう。
むしろ庶民の方が、いっそ吹っ切れていたかもしれない。

 

現代だからこそくせ毛は悪ではないし、醜さの象徴ではない。
美容院にいけば「じゃあ、くせ毛活かしでスタイリングしましょう」なんてことも言ってくれる。
くせ毛を活かす方法を教えてくれるなんて、ありがたいことじゃないか。
しかしくせ毛がやっかいでめんどくさいことに変わりはない。

 

悩みの方向性は違うけれど、平安時代の女性も現代の女性もくせ毛には悩まされることに変わりはないらしい。

付喪神は何か知りたくて「付喪神絵巻」を紐解いた

久しぶりに「しゃばけ」を読みました。
刀剣乱舞よりもずっと前に私に付喪神というものを教えてくれた本です。

しゃばけ」によると、付喪神とは物が100年経って傷がなければなれる妖怪のこと。
つまり付喪神といって“神”の文字が使われているけど、神様ではない。
むしろ猫又の方が近い感じ。

けど刀剣乱舞だと刀剣男士は刀の付喪神で、妖怪というよりも“神”寄りなんですよね。
焼けても刀剣男士になってるし。

 

室町時代の絵巻物「付喪神絵巻」で描かれている道具たちの姿が、どちらかというと「しゃばけ」の付喪神に近いイメージ。

f:id:meg_kinjo:20210427212903j:plain

付喪神繪 2巻 [1]』 「国立国会図書館デジタルコレクション」収録 ([江戸時代] [写])(https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/2574271)


付喪神絵巻」の付喪神たちは、捨てられた古道具たちが人間に仕返しをしてやろうと算段します。
彼らは人の形を得て恨みを晴らすと、飲めや歌えのどんちゃん騒ぎ。
和歌まで嗜むようになります。
その後彼らは退治されますが、名僧の元で修行し成仏することになる、という物語。
仏教の教えを説くための物語かな、という向きもあります。

 

刀剣男士は審神者(プレイヤー)のことを「主(あるじ」と言って、人間の我々の命令に従ってくれるけど、刀剣を大事にしなかったら「付喪神絵巻」の付喪神のように、いつか仕返しにくるかもしれない。
そうしたら、いつか彼らも即身仏となったりするのだろうか。

f:id:meg_kinjo:20210427212952j:plain

付喪神繪 2巻 [1]』 「国立国会図書館デジタルコレクション」収録 ([江戸時代] [写])(https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/2574271)




【東京人 2021年5月号】(刀剣特集号)を読みました

刀剣乱舞好きなこともあって、刀剣の本や雑誌を読んだりします。
けど最近ムック本は買うのを控えています。
ところが先日久しぶりに刀剣特集の雑誌を買いました。

東京人 2021年5月号 特集「江戸東京と刀剣」[雑誌]

東京人 2021年5月号 特集「江戸東京と刀剣」[雑誌]

  • 作者:-
  • 発売日: 2021/04/02
  • メディア: 雑誌
 

 買ったことない雑誌だったんですけど、最近よく見る刀剣雑誌とはちょっと毛色が違うなと思って買ってみましたが、けっこう良かったです。

刀匠へのインタビューや対談も良かったんですけど、執筆しているのが元佐野美術館の学芸員で渡辺理事長と一緒に刀剣の本出してた住麻紀さんだったり、刀剣博物館や三井記念美術館など現役の学芸員さんだったりして、割と本気の刀剣本でした。

いちおう昨今の状況もあるので女性の刀剣愛好家の座談会があったりも。
刀剣乱舞のことにも触れていますが、刀剣特集雑誌の扱いとしては破格の小ささの1ページだけ。
女性刀剣愛好家やゲームプレイヤーのことを書いたライターさんはサブカルに詳しそうな方のようで、「刀剣女子」という言葉が出てこないのも心地良い。

 

いちおう刀剣のことあまり知らないという人でも分かるような内容だし、日本刀作りは分業制ということにも触れていたりするし、案外真面目で硬派な内容でした。

刀の写真もたくさんありますが、雑誌の宿命で見開きで途切れてしまうのが残念。
けどこれはもうしょうがない。
美術館とか博物館に行けなくて刀剣鑑賞に飢えている身としては、見たことがなかった(たぶん)水心子正秀の刀が見れて嬉しかったな。
刀の名前めっちゃ長い。
「銘 水心子正秀/出硎閃々光芒如花 二腰両腕一割若瓜」(読み:とぎにいだせばせんせんたるこうぼうはなのごとし ふたこしりょうわんいっかつすることうりのごとし)

 

余談だけど、江戸中期の作品いくつか載ってるけど、なんか名前長くない……?
新々刀のこと全然調べてなかったけど、そうなのか?
彫るのすごい大変だったんじゃないのこれ。
上の水心子正秀の刀なんて、もう名前っていうか、この刀見てどう思ったかっていう感想じゃん。

 

「東京人」という雑誌だから、東京とか江戸に焦点を当てた内容。
刀剣乱舞でいえば新々刀の水心子正秀と源清麿を推してる人におすすめ。
あとちょくちょく戦後の刀が作れなくなった時期のこととか赤羽刀のことにも触れていたりもするので、その辺りのことが気になる人にも良いかもしれない。
もうすでに履修済みの人には不要かもしれない。
私は興味深かったです。

 

f:id:meg_kinjo:20210414221519j:plain